今では我々の生活の一部と化している映画館なのですが一体どのような歴史を持っているのでしょうか?

今回は少し映画の歴史を覗いてみたいと思います。

スクリーンに映像を映すのにかかすことが出来ないカメラですが、このカメラの原点はルネサンス期に開発されたのかもしれません。

ですが当時は今のような上等なカメラではなかったのです。

まずは箱を作り、その箱にガラスを取り付けただけの即席カメラになっていたかと思います。

どのようにして使うのかと言いますとお客さんに見せたい映像を透き通るようなガラスを駆使して光を反射させます。

反射させる際は入射角と反射角を綿密に計算したうえで映像を映し出すんですよ。

続いてフィルムを回すのに欠かせない映写機ですが当時はマジックランタンと呼ばれるものを使っていた事でしょう。

マジックランタンはランプを応用して開発されたのです。

少量の電気を自転車の要領で漕いでいくことで電気が送られてフィルムを回すことが出来るのです。

言わば力仕事だったのかもしれません。

当時のカメラと映写機が時代を積み重ねていくごとに人々の技術も進化し続けていたので現代のような精巧なものを開発して今の映画館が誕生したかと思います。

今後も更に発展し続けていくことでしょうね。